ダブル不倫について

請求者側

ダブル不倫とは、配偶者がいる者同士の不倫をいいます。ダブル不倫であっても、通常の不倫と同様に、妻(夫)は不貞行為を行った夫(妻)とその不倫相手に対して、慰謝料の請求を行うことができます。
もっとも、ダブル不倫の性質上、不倫相手に対して慰謝料の請求を行う場合には、以下のことを踏まえて、請求するか否か、請求する場合には、その交渉方法等を検討する必要があります。

 

ダブル不倫の場合、夫(妻)の不貞相手にも配偶者がいることになります。そのため、相手方の配偶者から自身の夫(妻)に対し、慰謝料請求がされる可能性があります。

請求者自身が、不貞をした夫(妻)と離婚する場合には、相手方配偶者から自身の夫(妻)に請求されようと経済的にはあまり影響がありません。しかし、自身が離婚しない場合には、相手方から自身の夫(妻)に対する請求は事実上、二人の家計から支出されることになり、請求者自身が経済的に影響を受ける可能性があります。

また、相手方配偶者から自身の夫(妻)に対する請求がない場合でも、不貞相手が請求者に慰謝料を支払った場合には、不貞相手から請求者の夫(妻)に対して求償権(支払った慰謝料の分担請求)が行使される可能性があります(慰謝料は不貞行為を行った当事者同士が、その責任割合に応じて支払う義務があるため)。この場合には、やはり二人の家計から支出されることになり、請求者が経済的に影響を受ける可能性があります。

交渉の段階では、求償権の放棄を前提に減額交渉がされる場合があり、請求者が夫(妻)と婚姻関係を継続するか否かが大きなポイントとなります。

一方、相手方配偶者に不貞の事実が発覚していない場合、相手方は配偶者に発覚しないように早期に話し合いに応じてくるケースが多くあります。そのため、請求者としては、有利に交渉を進めることができます。

弁護士としても、ダブル不倫のケースでは、弁護士からの通知により相手方配偶者に不貞の事実が発覚してしまうと、交渉を有利に進められなくなるケースもあるため(上記のように相手方配偶者からの請求がなされるなど)、まずは電話で直接連絡を取ることや、本人限定受取郵便等を活用して、書面を送付することがあります。

 

被請求者側

自身の配偶者に不貞の事実が発覚していない場合には、まずはそれを避ける必要があるかと思います。この点、代理人を立てることにより、相手方に対して、本人及び本人の親族等に接触しないよう通知をし、弁護士が交渉の窓口になりますので、配偶者に不貞の事実が発覚するリスクは軽減されます。

関連する記事はこちら

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当事務所の解決実績一覧

  • 離婚
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 不倫・浮気
  • 財産・お金
    • 慰謝料
    • 婚姻費用
    • 住宅・不動産
    • 保険
    • 預貯金
    • 退職金
    • 子供の預貯金や学資保険
  • 子供
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 離婚請求
  • 離婚を切り出した
  • 離婚を求められた

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ

 

大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。 離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします

②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 ③不動産仲介会社のご紹介 離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。  

④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。  

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。