自己認識が低いDVの種類と対策

自己認識が低いDVの種類と対策

 配偶者への暴力(DV)について、都民の15%が、加害者を罰する必要がないと考えていることが東京都の「男女平等参画に関する調査」の結果で分かった。 東京ウィメンズプラザの小野寺信子所長は「夫婦間でも暴力は犯罪。配偶者暴力防止法が制定されて10年たつが、まだ定着していない」と懸念を示している。
 
 調査は今年1~2月、都内在住の成人男女3千人に対して実施した。回答者は1892人、回収率は63・1%だった。
 
 調査結果で「配偶者に暴力を振るう加害者は罰せられるべきだ」の質問に、「そう思う」(50・1%)、「どちらかというと」(35・3%)で肯定は85・4%だった。「そう思わない」(2・7%)「どちらかというとそう思わない」(5・3%)、「どちらともいえない」(6・6%)で14・6%が肯定しなかった。
 
 「子供がいる家庭なら我慢して夫婦関係を保つべきだ」との質問には過半数、「夫婦げんかなので警察や役所が介入すべきではない」には約2割が「そう思う」「どちらかというとそう思う」と答えるなど、DVを個人の問題とする意見も目立った。
 
 また、「生活費を十分に渡さない」「何を言っても無視する」をDVにあたるとした回答はそれぞれ37%と52%にとどまり、認識の低さが浮き彫りになった。
 
 調査結果について、小野寺所長は「特に精神的DVと経済的DVの認知は低く、啓発活動の強化が必要だ。また、DVのある家庭で育った子供は、健全な成長に影響するうえ、結婚後にDVに走る世代間連鎖が怖い。被害者は我慢せずに相談してほしい」と呼びかけた。
 
 同プラザには、平成22年度約1万7千件の相談があり、そのうちDVに関するものが3割強の6千件と最も多く占めており、ここ数年横ばい状態が続いているという。 被害に遭っている人にとって逃げるという行為は、相手に立ち向かうことに値するのです。

 

 「別れろ」と押し付けることは返って被害者を閉じ込めてしまいます。「あなたには私がついている」と言うことを伝えてあげましょう。

 

あなたのアドバイスに対し被害者が口にする言葉から、「こんな人ではなかった」と驚くこともあると思います。
しかし、“通常の判断” というものは、恐怖を経験している被害者には困難なのです。
 
事実を打ち明けた時点で、常に監視されている恐怖と、バレたらどうなるかという恐怖に立ち向かっています。
コントロールを失っているのは今だけです。そしてこんな状況を続けても一生変わる可能性はないことを分かってもらう必要があります。

 

被害者の中には、子供のことや生活費の問題が原因で夫から逃げることができない可能性もあるのです。
警察に届け出る、カウンセリングへ行くなどと言った、自分たちでできる以外の手段をとることが一番安全です。
逃げることができない・人に話せない理由

 

【気持ちのコントロールができなくなる】

実際に被害者は、被害の意識がとても薄く、そして考え方さえもコントロールできなくなってしまっていることが多いのです。「私が悪いのだから仕方ない」「これで許されるなら我慢しよう」このように思っているのです。}

 

【期待する気持ち】

「付き合った始めの頃みたいに、いつか彼はまた優しくなる」「喧嘩の後はいつも謝って優しくしてくれる」と、本来はもっと良い人なのだと期待して我慢してしまうのです。

 

【誰にも相談できない】

正義感が強いため、自分の問題は自分で解決しようと思っているうちに、泥沼にはまり抜け出すことができなくなるのです。そして助けを求める気力すら失ってしまうのです。

 

【脅されて人に話せない】

「誰かに話したら殺す」などの脅しで、だれにも話せず一人で問題を抱えます。そして脅しは自分の大切なものを的にされることもあるのです。例えば、「他の誰かと会話したらお前の実家ごと火をつける」などといった脅しです。

 

【お前がいなければだめだ】

あなたなしでは生きていけないということを強く言われるのです。通常ならば「何を言っているのか」と不信に思うものですが、既にDVにあってマインドコントロールを失った状態だと「私がなんとかしてあげなければならない」と思ってしまうのです。

関連する記事はこちら

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当事務所の解決実績一覧

  • 離婚
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 不倫・浮気
  • 財産・お金
    • 慰謝料
    • 婚姻費用
    • 住宅・不動産
    • 保険
    • 預貯金
    • 退職金
    • 子供の預貯金や学資保険
  • 子供
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 離婚請求
  • 離婚を切り出した
  • 離婚を求められた

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ

 

大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。 離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします

②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 ③不動産仲介会社のご紹介 離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。  

④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。  

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。