夫からのモラハラにより、自宅を出た妻が、夫からの財産分与請求を減額して離婚をした事例

解決事例44

手続き

調停離婚 離婚の理由 夫の精神的虐待(モラハラ)

相談のきっかけ

妻が夫からのモラハラにより、別居を決意し来所。

依頼者の性別

女性 依頼者の職業 専業主婦

依頼者の年齢

20代
相手の職業 会社員 相手の年齢 30代
子供の有無 子供の人数

2人

子供の年代 幼児
結婚歴 約5年 別居期間 別居直前に来所

事案の概要

①妻が夫の特有財産を使い減ってしまっていたことをどのように処理するか
②妻が投資によって得た多額の利益を財産分与においてどのように取り扱うか
③面会交流
の3点が特に問題となった事例
 

解決の経緯

●親権、養育費(月額5万円)、財産分与(支払う金額を約800万円減額)
●解決までの期間は約1年半

所感

当事者間の対立が深刻で、面会交流と財産分与の協議が難航しました。
婚姻中に妻が投資で多額の利益を得る一方で、夫の特有財産を使っていたため、相手方から高額の金銭支払い請求がありました。
もっとも、対立の根本は双方の感情的な部分が大きかったため、双方代理人が間に入りつつ、交渉を行ったことで、
依頼者が支払う金銭の金額を大幅に減額して解決することができました。

条件

離婚・親権・養育費・財産分与(減額)