離婚が成立した後の手続き

1 離婚届を出しましょう

離婚が成立した後は、離婚届を提出する必要があります。
協議離婚が成立した場合はもちろんですが、調停離婚や裁判離婚が成立した場合も、離婚届を提出する必要があります。
後者の場合、法律的には調停や裁判の成立と同時に
離婚は成立している
のですが、戸籍に離婚の事実を反映させる必要があるため、離婚届を提出するのです。この場合の離婚届を報告的届出といいます。
 
報告的届出も、市役所の窓口でもらった離婚届に必要事項を記載して提出するという点では協議離婚と同じです。
 
離婚届け
ただし、報告的届出の場合は協議離婚の場合の届出とは異なり、夫婦のうち調停や裁判を申し立てた
側のみが署名
すればよく、相手方に署名をしてもらう必要はありません。また、証人も必要ありません。?

なお、報告的届出調停が成立した日または離婚裁判が確定した日から10日以内に届出を行う必要がありますので、注意が必要です。また、報告的届出の際に、調停調書や判決の正本・謄本(判決の場合には、さらに判決の確定証明書)を添付する必要があります。

2 離婚後の氏と戸籍を決めましょう

結婚した時に妻が夫の戸籍に入り、氏も夫の氏に変更した場合は、離婚すると女性の氏と戸籍に変動が生じます。その点についてご説明します。
 
離婚後の女性の氏は、法律上当然に婚姻前の氏(旧姓)に戻ります。
また、女性は、離婚後は原則として結婚前の戸籍(女性の父親が筆頭者である戸籍であることが多いです)に戻ることになります。ただし、結婚前の戸籍が既にない場合や、離婚届を提出する時に新しい戸籍を作る旨の申し出をした場合(離婚届に新しい本籍を記載することによって申し出を行います)は、自分が筆頭者である新しい戸籍が作られます。なお、新しい戸籍が作られた場合は、その後結婚前の戸籍に戻ることはできませんのでご注意ください。
氏については、仕事への影響等も考慮して、離婚後も結婚中の氏を使い続けたいという方もいらっしゃると思います。そのような場合は、離婚届出と同時に又は離婚の日の翌日から3か月以内に、市区町村役場に対して結婚中の氏を引き続き使用する旨の届出をすれば、離婚後も婚姻中の氏を称することができます。
届出に際して元夫の承諾を得る必要はありません。