モラルハラスメントについて

モラルハラスメント

モラルハラスメント(略してモラハラ)とは、精神的暴力、嫌がらせのことです。
簡単に言うと、家庭内におけるいじめのようなものです。
モラルハラスメントを行う夫をモラハラ夫と呼びます。
実際に暴力を振るうドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、モラルハラスメントは言葉や行動、態度によって相手に精神的苦痛を与えます
 
実は、モラルハラスメントの被害を受けているにも関わらず、ご自身では被害を受けていることに気付かない場合がとても多いのです。
当事務所にご相談に来られる方の中にも、モラルハラスメントの被害者がいらっしゃいます。
本を読んだり、第三者から話を聞いて、「まさにうちの夫のことだ!」と思い、自分が被害者であることに初めて気付く方も多いのです。
 

モラルハラスメントの特徴

1.異常な自己顕示欲

モラハラ夫は、周囲からの評価をとても気にすることが多いです。
「仕事ができる」「才能がある」「優秀である」と見られたいと思っていることが多いのです。
実際に世間で「エリート」と呼ばれる方が、モラルハラスメントの加害者になっていることが多く見られます。
 

2.自分のせいではなく、いつも相手のせい

モラハラ夫は、家族に何か問題が起こっても、それが自分のせいであるとは考えません。
何か問題が起こっても、
「誰のおかげで飯が食えているんだ!
と強弁して話をすりかえてしまったり、
たとえ、自分が浮気をしたとしても
「浮気させるようなお前が悪い」
というなどして、相手のせいにしてしまいます。
 

3.突然怒ることがある

モラハラ夫は、妻に対して自分が優位に立つために、突然怒ることがあります。
たとえば、テレビを見ていると突然、「うるさい、テレビを消せ」と怒鳴る、といった具合です。
定期的に怒ることで、夫婦関係に上下関係をつけたいのです。
 

4.モラルハラスメントはわかりにくい

モラルハラスメントは家庭内で起こる出来事ですから、周囲には気付かれにくいのです。
また、モラハラ夫の見た目はとても穏やかな人である場合もあります。
モラハラ夫が周囲に対して「いい夫」を演じているため、妻が被害や悩みを訴えても、周囲の人々になかなか理解してもらえないこともあります。
 

5.我慢せずにまずはご相談を

モラルハラスメントの被害者は
「私が間違っている」
「私が悪い」
と思って我慢している方が多いのですが、まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。
我慢していても、それが苦痛となってしまいます。
モラルハラスメントはどんどんエスカレートしていきます
これまでご相談をお受けした方の中には、夫のモラルハラスメントをずっと我慢していたため、多大なストレスを受け続け、ついに体調を崩された方もいらっしゃいます。
しかもモラルハラスメントが治る可能性はとても低いのです。
夫のモラルハラスメントの被害にあわれている方は、一人で悩まず、まずは当事務所までご相談下さい。

ご予約の際に、「モラルハラスメント(モラハラ)の相談がしたい」、「DV(ドメスティックバイオレンス)の相談がいしたい」とお申し付けください。

モラハラに関連する記事はこちら

 

・モラハラ夫と離婚するには

 

・どこまでのモラハラで離婚の原因になるのか

・モラハラをする人の特徴

・モラハラを受ける人の特徴

・モラハラ夫から脱出する方法