どこまでのモラハラで離婚の原因になるのか

どこまでのモラハラで離婚の原因になるのか

 
人しての尊厳を傷つけ人格まで否定するモラルハラスメントが社会問題になっています。
 職場でのモラハラは大きな問題ですが、近年急増しているのが家庭内でのモラハラです。夫の人格を否定するようなひどい言葉をぶつけたり、妻の努力を無価値なものであるかのようにののしる行為がモラハラに相当しますが、モラハラ気質の相手と一緒に暮らすのは精神的なストレスが非常に大きくひどい場合はうつや身体的不調の原因にもなってしまいます。