財産分与の関係(離婚の際の取り決めに納得できない方へ)

 離婚時には、結婚してから離婚(別居)するまでの間に
夫婦が協力して築き上げた財産を、
どのように清算するか
を決めることができます。

これが財産分与です。

財産分与は、財産の名義が夫と妻、いずれのものであるかに関わらず、
夫婦が協力して築き上げた財産すべてが対象になります。
chokin_tsuchou.png
 
たとえば、結婚してから夫婦の住居として購入したマンション・結婚した後に貯めた預貯金・結婚後に契約した保険(学資保険を含む)などが対象になります。

 

相手が財産分与の話し合いに応じてくれない場合はどうすればいいか?

 
財産分与は、離婚と同時に、協議により行うことができます。
逆に、夫婦が同意しなければ、協議離婚時に財産分与を行うことはできません。
そのため、財産分与に関して何の取り決めもなく、協議離婚を行ったという方も多くいらっしゃると思います。