妻との離婚を希望する夫が、離婚訴訟において早期に和解離婚できた事例

解決事例48

手続き

離婚訴訟 離婚の理由 言葉の暴力・不貞

相談のきっかけ

妻の浪費や夫の女性関係で、妻側が離婚を求めていたが、離婚調停では条件面で折り合いがつかず、不成立になった。そのため、妻が離婚訴訟を提起した。
夫のもとに訴状が届き、来所。離婚訴訟の代理人として受任した。

依頼者の性別

男性 依頼者の職業 美容師

依頼者の年齢

30代
相手の職業 会社員 相手の年齢 30代
子供の有無 子供の人数

2人

子供の年代 小学生
結婚歴 9年 別居期間 2年

事案の概要

離婚には争いがなかったものの、養育費や財産分与の内容について何が妥当な範囲なのかがわからず、
それがために離婚調停が不成立に終わってしまっていた。
その後離婚訴訟を提起されたため、来所され、代理人として受任。
調停において実質的に財産の開示等がきちんと行われていなかったため、
それらをきちんと開示した上での和解を目指す方針で進めました。
 

解決内容

●離婚
●親権は妻(相手方)
●支払う養育費一人5千円
●解決までの期間は約6か月

所感

実質的な争点は養育費と財産分与でした。
養育費については、依頼者様が自営業者であったため、過去数年分の収入資料を提出し、
収入が低く養育費も低額しか払えないことを、準備書面で主張しました。
それにより、ある程度相手方も理解を示し、
相手方代理人の説得もあって養育費はかなりの低額で抑えることが出来ました
②財産は、ほとんどが特有財産でしたが、
調停段階では、ご本人ではどのように主張立証をしてよいかわからないまま、
あやふやな主張になっていました。
そこで、特有財産の主張について、根拠を示して準備書面において表形式で分かりやすく示し、
裁判官の納得を得た上で、和解案の提示を行ったところ、
相手方もある程度認めざるを得ず、ほぼ承諾させる形での和解ができました。
このような証拠と論理を駆使した説得は、弁護士に依頼しなければ難しいと思います。

条件

離婚、親権、養育費
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ