暴言や物に当たる夫から逃げるようにして別居した妻が、親権・財産分与を得つつ 遠方同士の面会交流に関する取り決めをして離婚した事例

このページを読むのにかかる時間 < 1

解決事例45

暴言や物に当たる夫から逃げるようにして別居した妻が、親権・財産分与を得つつ
遠方同士の面会交流に関する取り決めをして離婚した事例
 

事案内容

精神的虐待・浪費による離婚

依頼者

30代後半女性  会社員

相手方

夫:40代前半 自営業
 

結婚暦


結婚歴10年 別居期間約1年  

子供

あり(1人):小学生      

 

事案内容

夫との生活に耐えられず遠方の実家に戻った段階で、今後の手続について相談するため来所。
本人では直接協議を行うことが不可能ということで、離婚協議の代理人として受任。
裁判所を介した話し合いを行ったほうが良いとの判断により、離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立て。

 

手続

調停離婚
 

解決内容

●親権、養育費、財産分与、年金分割について取り決めを行い、調停離婚。
●面会交流の頻度、費用負担、連絡方法等について取り決めを行った。
●婚姻費用については、相手方の収入が極端に少なかったこともあり、離婚に応じることと引き換えに追及せず。
●解決までの期間は約1年。

 

所感

面会交流
 遠方で面会交流に費用がかかること、子供に会えない相手方の不満が非常に大きかったことから、
頻度及び費用の負担で協議が難航しました。手紙等の代替手段を提案したり、試行的な面会交流を
実施しながら相手方と交渉を行い、最終的には何とか合意に至りました。面会交流の紛争は、
当事者間の感情的対立が激しいので、代理人を介することで冷静な話し合いがしやすくなります。

財産分与
 法的には財産分与の問題とは言えない問題にも相手方がこだわったため、苦労しましたが、
無関係な問題は除外し、ポイントを整理して協議を行いました。相手の主張が法的に重要かどうか、
こちらに正確な理解がなければ相手のペースに巻き込まれて議論が拡散し、紛争が長期化します。
弁護士が代理人となることで、相手のペースにできるだけ巻き込まれず、必要な議論に絞って協議を
行うことができる点は、大きなメリットだと思います。
The following two tabs change content below.
大阪和音法律事務所

大阪和音法律事務所

当事務所は、離婚を考える多くの女性の方からの相談を日々お受けしています。離婚相談にあたっては、あなたの不安にじっくり耳を傾け、弁護士の視点から、女性が離婚後も自分の幸福、価値観を実現できる最良の方法をアドバイスさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ