財産分与と慰謝料

離婚をするにあたっては、夫との間で財産分与の内容や金額を決める必要があります。また、場合によっては、夫から慰謝料の支払いを受けることができます。

 女性にとって、財産分与や慰謝料として取得した金銭やその他の資産は、離婚後の新たな生活の立ち上げのための費用(転居する場合の引越代や家具の購入費用等)や、離婚後の生活費の原資にすることができます。また、女性が離婚後の子どもの親権を取得した場合には、子どもが病気をしたときなどに必要な医療費や、子どもが高校・大学等に進学したときの教育費等にあてるために貯蓄しておくこともできます。そのため、離婚にあたって女性が財産分与や慰謝料の支払いを受けることができる事案では、離婚後の女性の生活設計をより明確に描くことができ、生活を維持することがより容易になります。
 
・財産分与をより確実に受けるためには
 では、どうすれば、より確実に財産分与を受けることができるでしょうか。
 まず、夫名義の財産にはどんなものがあるか、きっちり調査・把握することが必要です。
調査すべき財産としては、預貯金・株式等の有価証券・ゴルフ会員権・生命保険・不動産・自動車・貸付金・退職金などがあります。それぞれの財産の内容は、通帳、証券会社発行の書類、会員証、保険証券、登記簿、車検証、契約書などの書類を確認して把握しましょう。離婚の話し合いが始まると、夫にこれら書類を隠されてしまったり、財産の存在を否定されてしまう可能性もありますので、上記書面の内容はできるだけ早くコピーをとるなどして、後に協議における参考資料あるいは証拠として利用できるよう確保する必要があります。また、上記の書類以外にも、何らかの財産があることがうかがわれる書類が見つかった場合は、何でも手元に残しておきましょう。また、ローンを組んで購入したもので、現在もローン残高があるもの(例.自宅不動産、自動車)については、ローンの残高と、そのローンの債務者・保証人等が誰になっているかも確認しましょう。