DV被害を受けているのではないかと感じている方へ

DV被害を受けているのではないかと感じている方へ

DV(ドメスティック・バイオレンス)という言葉は、広く世間に認知され、多くの方が何らかのイメージを持っておられると思います。その形態は、

・殴る蹴るなどの身体的なもの

・無視したり「お前はダメな人間」「誰のおかげで生活できるんだ」など酷い言動で心を傷つける精神的なもの

・性行為の強要や避妊に協力しない等の性的なもの

まで様々です。いずれにしても、一生を誓い合った配偶者の人格を否定する、最低の行為だということは言えるでしょう。

しかし、配偶者からひどい仕打ちを受けていると感じていながらも、

「叱られたり、殴られたりするのは自分に悪いところがあるからだ」

「暴力を振るうのは私の事を愛しているからだ」

「叱ったり殴ったりしないときは優しい人なのだから、私が我慢すれば済む」

「逃げたらもっとひどいことをされるかもしれない」

「子どもが学校に行けなくなるかもしれない」

などの様々な複雑な思いから、別居や離婚に踏み切れない方がたくさんおられます。

 

また、そもそも「自分はDVを受けている」という認識さえない方もおられます(参考:DV被害者チェックリスト)。

 

しかし、自分の受けている仕打ちがDVにあたるかどうかという以前に、そのような仕打ちに耐えて作る夫婦関係が、幸せな夫婦関係と言えるでしょうか。また、そのような精神的ダメージを受け続ける中で子育てをすることが、本当に子どものためと言えるでしょうか。

 

さらに言えば、常に相手の機嫌をうかがい、不安や恐怖心からの行動に終始する生活を続けていくことを、あなたは一度きりの人生で選択したいでしょうかもしそのような人生から抜け出したいと感じているならば、別居や離婚に向けた具体的な方策を考え、行動を起こすべきです。

 

そのためには、まずは現状から抜け出す勇気と決断が必要です。DV加害者は、(意図してかはともかく)暴力を振るったかと思えば急に優しくなるという二面性を持っており、この二面性が、被害者の決断を鈍らせていると言っても過言ではありません。

 

しかし、そのようなDV加害者の二面性が治ることはありませんあなたの配偶者が「二度としない」と言うのは、外部の人間に相談等をさせないための方便に過ぎず、あなたに対する本当の優しさではないかもしれません。本当にあなたに対する優しさがあれば、傷つく言葉を浴びせたり暴力をふるったりなど、決してしないはずです

 

「優しい時もあるのだから」といった感情を捨て、二度とその手には乗らないという強い意志が必要です。「抜け出そう」という選択をされた方には、当事務所の弁護士は、離婚事件に関する豊富な経験と専門性を生かし、全力でお手伝いさせて頂きます。

 

また、決断ができずに悩んでいる方についても、状況に応じた最適なアドバイスをさせていただきます。「こんなことを相談して、責められたり怒られたりしないだろうか」「相談したことが相手にばれないだろうか」「弁護士に相談したらすごく費用が掛かるのではないか」などと悩む必要はありません。

 

当事務所の弁護士は、相談内容を聞いて、責めたり批判したりすることはありません。また、弁護士は守秘義務を負っていますから、ご相談の中でお聞きしたことを外部に漏らすことも決してありません。さらに、当事務所では、女性からの離婚相談は初回1時間を無料にしております。

 

心が折れそうになる時こそ、隣に寄り添って味方になってくれる専門家が必要です。一人で悩まずに、まずはご相談ください。

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)の関連記事はこちらをご覧ください。

■?DV(ドメスティック・バイオレンス)について

 DV夫と離婚する方法

 自己認識が低いDVの種類と対策

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当事務所の解決実績一覧

  • 離婚
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 不倫・浮気
  • 財産・お金
    • 慰謝料
    • 婚姻費用
    • 住宅・不動産
    • 保険
    • 預貯金
    • 退職金
    • 子供の預貯金や学資保険
  • 子供
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 離婚請求
  • 離婚を切り出した
  • 離婚を求められた

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ

 

大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。 離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします

②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 ③不動産仲介会社のご紹介 離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。 

④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。 

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。