飲酒時の暴言・暴力が原因で別居した夫に対して離婚を求め、弁護士間協議の結果、過去の婚姻費用の未払分の清算等として夫が妻へ400万円を支払う内容の協議離婚が成立した事例

解決事例16

飲酒時の暴言・暴力が原因で別居した夫に対して離婚を求め、弁護士間協議の結果、過去の婚姻費用の未払分の清算等として夫が妻へ400万円を支払う内容の協議離婚が成立した事例
             

事案内容

離婚

依頼者

40代前半女性無職

相手方

夫:会社員

結婚暦

結婚歴15年うち別居期間1年

子供

2人

 

事案内容

夫の飲酒時の暴言・暴力やいやがらせが原因で夫婦仲が険悪となり、妻が離婚を決意。離婚協議の代理人を受任。

 

手続

協議離婚成立

 

解決内容

夫に弁護士がついたため、弁護士間で離婚条件についての協議を継続。その結果、夫婦間での借金の清算及び過去の婚姻費用の未払分の清算として、夫が妻へ400万円を支払うことを定めて協議離婚が成立。公正証書による離婚協議書も作成。