夫婦間の離婚の話し合いが2年半にわたり進まなかったが、弁護士が妻の代理人になり夫と協議を進めた結果、夫が妻に現金250万円を支払い、保険の契約者名義を妻に変更するという条件で、約2ヵ月で離婚協議がまとまった事案

解決事例29

夫婦間の離婚の話し合いが2年半にわたり進まなかったが、弁護士が妻の代理人になり夫と協議を進めた結果、夫が妻に現金250万円を支払い、保険の契約者名義を妻に変更するという条件で、約2ヵ月で離婚協議がまとまった事案

     

事案内容

離婚

依頼者

妻:40代前半(パート)

相手方

夫:40代前半
(介護関係)

結婚暦

12年
(別居2年半)

子供

無し

 

 

事案の概要

夫が妻に対して突然離婚を切り出し、家を出て別居が継続中であった。別居が続く中で、妻も離婚はやむを得ないと思うに至ったが、夫から具体的な条件面の話がなく、話し合いが全く進展しない状態であったため、離婚協議の代理人を受任。

解決内容

夫婦の財産関係を整理し、夫婦名義の預貯金と夫名義の簡易保険が主な財産分与対象財産であることを把握した上で、夫と離婚条件に関する協議を進めました。夫と弁護士が1度面会して協議した結果、夫から依頼者の希望に沿った条件の提示を引き出すことが出来たため、離婚協議がまとまりました。受任から約2ヵ月かかりましたが、①夫から妻へ現金250万円を支払う、②夫名義の簡易保険の契約者名義を妻名義に変更、③0.5:0.5の割合で年金分割を行う、という条件で協議離婚が成立しました。

所感

夫婦が離婚自体について実質的に合意しているが、①離婚条件について利害が対立している場合、②不動産や保険が絡み、どのように処理するのが公平か、当事者にもよく分からない場合などは、間に弁護士が代理人として入ることにより、離婚協議がスムーズに進むケースが多いです。本件は②に該当する典型的な例だったと思います。