離婚後に請求できる権利

離婚後の請求

 
以下の事項について定めないまま離婚をした場合でも,離婚後に請求できる可能性があります。また,離婚後の事情の変更により,一旦決定した合意の内容を変更することができる場合もあります。
財産分与
慰謝料
過去の婚姻費用
養育費
年金分割
監護権者の指定・親権者の変更
面接交渉
子の引き渡し  等

 

財産分与

離婚の際,財産分与をしていなかった場合でも,離婚の成立から2年以内であれば離婚後に財産分与の請求ができる可能性があります。

 

慰謝料

離婚の際,慰謝料について定めていなかった場合でも,原則,離婚の成立から3年以内であれば離婚後に請求できる可能性があります。
ところで,離婚の際の慰謝料については,厳密には以下の2つに分類されます。
(1)不倫・暴力といった離婚に至った原因行為から生じる精神的な苦痛に対するもの
(2)離婚をすることそれ自体から生ずる精神的な苦痛に対するもの

 

(1)の離婚に至った原因行為から生じる精神的な苦痛に対する慰謝料請求については,原則として,精神的苦痛の原因となる行為を知ったときから3年以内に請求する必要があります。
一般的に(1)と(2)の厳密な区別はされておらず,離婚の成立から3年以内に請求をすればよいのですが,厳格に両者を区別して判断される場合もあるため注意が必要です。

 

過去の婚姻費用

過去の婚姻費用については,離婚後の財産分与に含めることで請求できる可能性があります。
ただし,離婚後2年が経過すると請求できなくなる可能性があるため注意が必要です。
過去に取り決めた婚姻費用の金額を変更できる場合があります
仕事の退職等により生活状況が変化した場合には,過去に取り決めた婚姻費用の金額が不相当になる場合があります。
この場合,例外的に婚姻費用の金額を変更できる可能性があります。

 

養育費

離婚時に養育費の取り決めをしていなかった場合でも,将来の養育費については,離婚後も請求することができます。
ただし,裁判上,過去の養育費の請求そのものは認められないことが多く,過去の養育費の不払いの事実を考慮して将来の養育費の金額を増額等する傾向があります。
養育費の額を変更できる場合があります
養育費の額を決めた当時に予想できなかった事情の変化があった場合は,養育費の金額の変更ができる場合があります。
例えばこんな場合,養育費が増額されるかも!
※子ども(母)=養育費の支払いを受ける側,父=養育費を支払う者とします。
父の収入が増えた,母の収入が減った
母・子どもが重大な病気やケガをした
子どもが進学して教育費が増えた
母が新たに子どもを産んで支出が増えた

 

年金分割

原則として,離婚の翌日から2年以内であれば請求できる可能性があります。

 

親権者・監護権者

離婚の際に監護権者の指定をしていなかった場合,子どものために必要がある場合には,離婚後に監護権者を決定するよう要求することができます。
親権者・監護権者を変更できる場合があります
子どもの利益のために必要がある場合には,離婚の際に定めた親権者を他の親に変更することが認められます。
また,子どもの利益のために必要がある場合には,離婚の際に定めた監護権者を取り消したり変更することができます。
例えば,こんな場合変更できるかも!
※子(母)=養育費の支払いを受ける側,父=養育費を支払う者とします。
子どもが親権者・監護権者に虐待されている
親権者・監護権者が養育に対する熱意をもっていない
子どもが親権者・監護権者の変更を望んでいる
親権者の変更については,必ず裁判所の手続において変更しなければなりませんが,監護権者の変更については話し合いで変更することが可能です。
ただ,親権者・監護権者の変更は,子どもに対する影響が大きいため,裁判所においては簡単には認められない傾向にあります。

 

面接交渉

離婚の際,面接交渉権について定めていなかった場合でも離婚した後に子どもとの面接交渉を求めて,面接回数・方法等の取り決めをすることができる可能性があります。子どもが未成年であれば,面接交渉の内容をこのときまでに決めなければならないといった,期限の制約はありません。
面接交渉の方法を変更できる場合があります
子どもの利益のために必要があると認められた場合,面接交渉の方法を変更することができます。事情によっては,面接交渉自体を取りやめることが認められる場合があります。

 

子の引き渡し

離婚の際,監護権を取得したにもかかわらず,監護権を有しない者が,子どもを手元に留めている場合,監護権者は,監護権者でない者に対して子どもを引き渡すよう請求することができます。
たとえば,離婚の際,母を親権者とし,監護権者を別に定めなかったが(親権と監護権を分離しない場合親権者と監護権者は同一となります),父が子どもを手元に留めて離さない場合,母は父に対して子どもを母の元に戻すよう請求することができます。
監護権を有しない者は,原則として子を自分の元に引き渡してくれるよう請求する権利がありません。
そのため,監護権を有しない者が子どもの引き渡しを求めるためには,監護権者を自分に指定する手続ないし親権者を自分に変更する手続をとる必要があります。

 

以上のように,離婚後であっても様々な請求できる場合がありますが,請求できる期限が決まっているものや,手続が複雑なものもあります。

関連する記事はこちら

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当事務所の解決実績一覧

  • 離婚
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 不倫・浮気
  • 財産・お金
    • 慰謝料
    • 婚姻費用
    • 住宅・不動産
    • 保険
    • 預貯金
    • 退職金
    • 子供の預貯金や学資保険
  • 子供
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 離婚請求
  • 離婚を切り出した
  • 離婚を求められた

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ

 

大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。 離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします

②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 ③不動産仲介会社のご紹介 離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。  

④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。  

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。