離婚後に必要な子供のメンタルケア

離婚後に必要な子供のメンタルケア

 
 私が母子家庭、なかでも離婚後の小児を対象としたメンタルケアを行ってきた経験をここに記述します。
 
 両親が離婚をした際には、子供はおおよそ以下の展開が予測されます。
 別居時には、子供は怪しがり、「もうパパとは一緒に暮らせない」と言い出してくるでしょう。また、「パパがいないわけではない。会いたいときにあえる」といっても実情父親がいないので説得は難しいでしょう。一緒に暮らせないのは、「ママとパパがケンカしてしまってママが泣いてしまうから」といって、現実に起こっている問題を正直に言うケースも少なくありません。その後、だいたいは1年間精神不安定になり、泣き通し日々が多いでしょう。離婚後に相談に来る母親の内容はこんなケースがほとんどです。
 
 では、私が実際に母親にアドバイスとして伝えている内容を記載しましょう。
 親の離婚は子供にとっては非常に心に残る事です。普通に過ごしているようにみえても、心は傷ついている事があります。そのため、しっかりと子供の心のケアをしていきましょう。早めに心のケアをする事で傷ついた心をケアする事ができるでしょう。どんなに、夫婦関係が冷めて、喧嘩したりしているとしても。子供にとっては父親、母親です。子供がいる前で、父親・母親の悪口は言わないようにしてください。もし、子供の前で言ってしまうと子供の心が傷ついてしまうからです。
 
 また、離婚して親権が無い親にに子供が会う場合は気持ちよく送り出してあげます。ここでも、悪口を言ってしまうと親権がない親に会っても子供は一緒に住んでいる親の事を気にしてが楽しく遊ぶ事はできないでしょう。
 
 また、子供と会う場合はしっかりと子供に愛情を注ぎ運動会は離婚しても夫婦2人で参加すると子供が喜びます。このように、離婚した後も子供の心を考えて行動、話しをしていきます。何気ない言葉が子供の心を傷つける事があるのです。親は離婚する時に、色々あって離婚したと思いますが、子供は親との楽しい思い出もあるので相手の悪口を言うのはやめましょう。
 
 子供に変化がなくても、傷ついている事がありますから子供の前では夫婦関係に何があったとしても仲が良い夫婦を演じてください。例えそれが演技だとしても、子供にとっては嬉しい事ですからね。子供の事を考えて、発言や行動をしてください。だからと言って、離婚しないようにと言っているわけではありません。
 
 離婚した後も、子供の前で相手の悪口を言ったりしないようにしてくださいという事です。また、離婚後、子供の様子がおかしい場合はカウンセリングを受けさせるようにしてください。深い心の傷を負ってしまうと素人では改善する事ができないからです。精神科に行くと、カウンセリングを受けられます。
 
 ながながと記述しましたが、実際にはこのような内容が効果的でしょう。どんなに両親が不仲で離婚しても、父も母も仲が良かったころのことを子供は覚えてます。世界に2人といないかけがえのない両親です。
 
 では実際にどのようなことに注意して子供を観察すればいいでしょうか?主な着眼点としてはこれです。

 

 <生育状況>

既往症 、過去のトラウマ体験の有無

 

  <心身面の変化>

病気にかかる頻度(風邪を引きやすくなった、発熱や腹痛が多くなった等)、アレルギー症状(症状の悪化、新たな症状の出現等)、(下校後の過ごし方(友達と遊ばなくなった、帰宅が遅い等)家庭での様子(ふさぎこむ、学習に取り組まない、好きな遊びをやらない等) 睡眠の様子(寝つきが悪くなった、眠りが浅い、よく眠れない、怖い夢を見る等)

 

  <環境面>

家族構成の変化(弟妹の誕生、父親の単身赴任、家族の死去、保護者の離婚・再婚、兄姉の自立等)家庭環境の変化(新築、転居、一人部屋への移行等)学校外の活動(習い事を始めたりやめたりした、習い事でのトラブルの有無等)
 
 子供は本当に繊細な生き物です。日々繰り返される生活の中で、どんな問題を抱え込こんでからは、日ごろ関わっているご両親が一番見つけやすい環境にあります。一人で悩まずにどうぞ、わたくしたち弁護士にご相談なさってください。
 

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当事務所の解決実績一覧

  • 離婚
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 不倫・浮気
  • 財産・お金
    • 慰謝料
    • 婚姻費用
    • 住宅・不動産
    • 保険
    • 預貯金
    • 退職金
    • 子供の預貯金や学資保険
  • 子供
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 離婚請求
  • 離婚を切り出した
  • 離婚を求められた

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ

 

大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。 離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします

②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 ③不動産仲介会社のご紹介 離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。  

④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。  

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。