不貞行為を行った夫に対して離婚調停を申し立て、夫が妻に対して財産分与及び慰謝料として700万円を支払う内容の調停離婚が成立した事例

解決事例10

不貞行為を行った夫に対して離婚調停を申し立て、夫が妻に対して財産分与及び慰謝料として700万円を支払う内容の調停離婚が成立した事例

     

事案内容

離婚

依頼者

40代後半女性 会社員

相手方

夫:会社員

結婚暦

結婚歴23年うち別居期間1年

子供

2人

 

事案内容

結婚以来、夫の飲酒時の暴力・暴言が繰り返され、平成22年頃には夫の不貞行為(相手の女性に妊娠させ、中絶手術を受けさせた)が発覚し、夫に対する信頼感が失われたため、離婚を決意し、別居。別居直後から受任し、離婚調停を申し立て。

 

手続

離婚調停の申立て→調停離婚成立

 

解決内容

財産分与及び慰謝料として、夫が妻へ現金700万円を支払うとともに、契約者が夫名義である生命保険の名義を妻へ変更すること、並びに、年金分割を行うことなどを定めて離婚調停成立。