婚姻後同居期間がない夫婦について、夫から妻へ解決金20万円を支払う内容の調停離婚(期日2回)が成立した事例

このページを読むのにかかる時間 < 1

解決事例18

婚姻後同居期間がない夫婦について、夫から妻へ解決金20万円を支払う内容の調停離婚(期日2回)が成立した事例
                 

事案内容

離婚

依頼者

30代前半女性 無職

相手方

夫:会社員

結婚暦

結婚歴1年8カ月 うち同居期間なし

子供

1人

 

事案内容

妻が結婚前からうつ病を患っていたため、結婚直後の出産時から実家で出産・育児を行っており、夫と別居が継続している。夫が妻の言うことに耳を傾けず、自分の非を認めない性格のため、妻が離婚を決意。離婚協議・調停の代理人を受任。

 

手続

離婚協議→離婚調停申立→調停離婚成立

 

解決内容

弁護士より夫に連絡をとり、電話で離婚に向けた協議を行いましたが、夫は離婚自体には応じるが子の親権は譲れないと主張し、協議は平行線をたどりました。そのため、離婚調停を申し立て、離婚・子の親権・養育費の支払いとともに、妻が婚姻期間中に自ら出した借家の保証金等合計36万円の返還を求めました。これに対し、夫は子の親権と離婚慰謝料400万円の支払いを請求しました。調停期日を重ねる中で、夫の譲歩を引き出すことに成功し、①子の親権者は妻、②月額3万円の養育費、③夫から妻へ解決金20万円の支払い、④妻から夫への慰謝料支払いはナシ という内容で調停離婚が成立しました。

 

所感

妻の離婚の意思は固いが、明確な法律上の離婚原因が見当たらない事案でした。早期に解決すべき事案と考えていましたので、当初の請求金額から減額しても、調停期日2回で離婚が成立させることができ、よかったと思います。

The following two tabs change content below.
大阪和音法律事務所

大阪和音法律事務所

当事務所は、離婚を考える多くの女性の方からの相談を日々お受けしています。離婚相談にあたっては、あなたの不安にじっくり耳を傾け、弁護士の視点から、女性が離婚後も自分の幸福、価値観を実現できる最良の方法をアドバイスさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ