婚姻費用、預貯金、オーバーローンの不動産の財産分与で揉めたモラハラ夫との離婚事例

このページを読むのにかかる時間 < 1

解決事例25

婚姻費用、預貯金、オーバーローンの不動産の財産分与で揉めたモラハラ夫との離婚事例

事案内容

離婚

依頼者

30代女性(主婦)

相手方

夫:30代男性(会社員年収400万円)

結婚暦

5年
(別居8ヶ月)

子供

1人      

解決までの期間

約1年
 

事案の概要

夫のモラハラに耐えかね、依頼者(妻)が別居の上、調停を申し立てた。夫は当初離婚に同意していたが、調停に入ってから離婚を拒否。そのため、交渉が暗礁に乗り上げたことから、代理人として交渉を前に進めて欲しいとの内容で依頼。

解決の経緯

第2回の調停期日より依頼者と共に調停に出頭。夫にも弁護士がついたため、期日間でも弁護士間で交渉を行う。
主な問題点は、婚姻費用の金額、共有財産である預貯金の分与額およびオーバーローンとなっている不動産の解決法であった。
婚姻費用の金額・財産分与の金額及び分与の方法について主張書面を双方出し合い、粘り強く調停での話し合いを続けた結果、100万円の財産分与を受け、不動産は売却するとの内容でようやく離婚条件がまとまる。
その後家具の引き渡しを当事者同士に任せたところ、再び争いとなったため、代理人同士で調整を行い、荷物の件もすべて解決した段階で調停成立。

解決のポイント・感想

婚姻費用の算定額・財産分与の金額・方法(特にオーバーローン不動産の処理)が争点となった。養育費をやや減額する代わりに、オーバーローンを夫が負担するとの内容を合意させた点がポイント。養育費はやや減額となったが、依頼者自身に現在オーバーローンを負担できる資力がなかったことから負担は不可能であった。それに加え、依頼者自身が就職活動中であり、今後仕事と収入が確保される見込みがあったことから、将来の養育費の増額よりも今のローンの負担を免れることを優先した。すべてをこちらの思い通りにすることはできないが、どの点であれば譲歩しても被害を最小限に抑えられるかを依頼者とじっくり話をし、依頼者自身が納得して妥協点を見いだせた点がポイントだったように思う。
The following two tabs change content below.
大阪和音法律事務所

大阪和音法律事務所

当事務所は、離婚を考える多くの女性の方からの相談を日々お受けしています。離婚相談にあたっては、あなたの不安にじっくり耳を傾け、弁護士の視点から、女性が離婚後も自分の幸福、価値観を実現できる最良の方法をアドバイスさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ
  • 年間700件以上の相談実績 当事務所の解決事例 事例一覧はこちら
  • お客様の声~当事務所がいただいた感謝のお言葉~ 一覧はこちら
  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

状況・段階別の離婚相談

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。
  • 離婚に向けて別居をお考えの方へ
  • 相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)
  • 離婚したいが、できれば相手と直接話をしたくない(話をするのが怖い…)
  • 相手に弁護士がついた
  • 相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  • パートナーのモラハラに苦しんでいる
  • パートナーのDVに苦しんでいる
  • 離婚調停を申立てたい方へ
  • 離婚調停を申立てられた方へ