状況別の離婚と対応策

離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない

配偶者に離婚を切り出すのは、大変なことです。

離婚したいと言えば相手が激昂し、大げんかになるのではないか、場合によっては暴力を振るわれたりするのではないかと考えてしまう方がおられます。

また、生活や子供のことを考えて離婚そのものになかなか踏み切れず、離婚を言いだせないまま自分が我慢してしまうという方もおられます。

 

さらに、配偶者とは別の人を好きになってしまい、そのことを正直に伝えたほうが良いのかどうか悩んでしまい、

なかなか離婚を切り出せないという方もおられます。

 

これらは、当然の悩みであり、離婚を切り出すのは非常に勇気のいることです。

 

しかも、ただ離婚を切り出せばよいというものでもありません。

より良い条件での離婚を目指したければ、伝え方、タイミング、伝えるべき内容、離婚協議に向けた事前準備など、検討事項が山ほどあります。

 

それにもかかわらず、実際にはそのようなことを考える余裕もなく、相手との関係に耐え切れずに感情的に離婚を切り出してしまう方が少なくないというのが実情です

 

離婚を切り出すのは、親権、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割など、様々な法的問題に関する交渉をスタートさせる行動です。そのような重要な判断ですので、どうか一人で悩まないでください。

 

離婚を切り出すかどうか、どう切り出すべきか迷っている方は、まずは当事務所にご相談ください。

ご相談が早い段階であるほど、アドバイスできる選択肢もより広がります。当事務所の弁護士はいずれも離婚問題に精通しています。

離婚を切り出す適切なタイミング、伝え方、事前準備など、豊富な知識や経験に基づいて具体的にアドバイスさせえていただきますので、ぜひ離婚を切り出す前にご相談ください。

 

相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない

配偶者から離婚を切り出された場合、受け入れなければならないと考えてしまう方がたくさんおられます。

 

特に相手に経済的に依存している場合、日常的に暴力や暴言で押さえつけられ、言うことを聞かなければいけない関係になってしまっている場合などに、その傾向がみられます。

そのような相手方は、こちらに落ち度がなくても、あたかも落ち度があり、それが離婚の理由になるかのようにまことしやかに述べてくることも多いでしょう。

しかし、ほとんどのケースでは、相手の述べている理由は法律上の離婚原因にはなりません。あなたが離婚に同意しなければ、少なくともすぐに離婚になることはないのです。

また、相手の述べる理由は表面上のもので、実際には「浮気相手と一緒になりたい」という理由であることもあります。

そのような場合は、冷静な目で離婚を切り出す相手を見つめ、真の意図を探る必要があります。

 

しかし、離婚を切り出されたショックで冷静さを失い、感情的になって冷静な対応ができず、証拠も取れないまま不利な状況に自ら陥ってしまう方も少なくありません。

このような場合こそ、冷静に対応し、相手を泳がせ、その間に確実な証拠をつかむ等の対応をする必要があります。

そのような冷静な判断は、一人で悩んでいてはなかなかできません。まずは離婚問題に精通した弁護士に相談し、どのような段取りで対応していくか、弁護士と一緒に戦略を練ることをお勧めします。

当事務所では、離婚を拒否したい方の相談、本心では離婚に応じてもよいがどうせ離婚するなら有利な条件で離婚をしたいと考えている方からのご相談も多く受けています。

一人で行動する前に、まずはご相談ください。

 

突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)

突然相手が家を出ていき、しばらくすると弁護士から手紙が届き、離婚を求められているというご相談がよくあります。

このような相談者の方は、突然の事にうろたえてしまい、どうしてよいかわからないという方が多いです。

しかし、この場合、相手はすでに離婚を決意し、準備を進めたうえで別居した可能性が高いと言えます。そのため、すぐに離婚問題に精通した弁護士に相談されることをお勧めします。

相手がそのように周到に対応をしている以上、こちらも弁護士に相談し、早めにしかるべき法的対応をしなければ、どんどん相手のペースで離婚協議が進み、取り返しのつかないことになりかねません。これは、たとえ相手が弁護士を付けていなくても同じです。

 また、もし相手が離婚を考えていることが事前にわかれば、来るべき離婚協議に備えて、こちらも相手の財産や収入関係を把握したり、相手がどこに引っ越そうと考えているのか、子供をどうしようと考えているのかを探ることもできます(特に賃貸物件の資料やホームページの閲覧履歴が残っていれば、引っ越しを考えている可能性があります)。

夫婦関係が悪く、相手方に少しでも別居の兆候が見られたような場合には、まずご相談ください。別居されてしまってからでは対応できないことでも、事前になら準備できますし、心構えも作れます。すでに相手が出て行ったという場合はもちろん、出ていく兆候があるという場合にも、できるだけ早期に、離婚問題に精通した弁護士に相談し、戦略を練ることが大切です。

 

離婚したいが、できれば相手と直接話しをしたくない

相手と話をしたくないという方の場合で多いのは、DVやモラハラなどの被害を受けており、相手との力関係に差があり、直接の話し合いでは委縮してしまう、相手のほうが弁が立つため理屈ではかなわず、言い負かされてしまうなど、対等な話し合いができないパターンです。

 

この場合、相手から見ればあなたは思い通りになる相手です。実際、相手を目の前にしただけで委縮し、それが顔や態度に出てしまうこともあります。

すると、相手はより強気になり、いつもの口調や態度で臨んできて、相手のペースで話が進み、不利な離婚条件を押し付けられてしまうケースがよく見られます。

このような場合は、早期に弁護士を立てることをお勧めします。


弁護士が代理人となることは、相手からすれば、自分の思い通りにならない相手が出てくることを意味します。
いつもの手が通じないため、一時的には抵抗することもあります。

しかし、弁護士は相手の言うなりになりませんし、弁護士が窓口となっていれば、相手が何を言ってきてもあなたが直接矢面に立たされる心配はありません。


また、離婚の意思や相手に対する慰謝料の請求など、自分では直接伝えにくいという場合も、代理人から伝える方法が有効です。

当事務所では離婚問題を多数扱っておりますので、どのような伝え方・タイミングが有効かについて、多くの経験から客観的・冷静に考え、提案することができます。

一人で悩むより、まずは当事務所にご相談ください。

 

パートナーがDVでお困りの方はこちらをご覧ください

 

相手に弁護士がついた

相手に弁護士が付き、突然連絡が来た場合、動揺するのが当然です。

相手が弁護士を付けた場合、あなたと相手方との間には圧倒的な力関係・情報の格差があると考えたほうが良いでしょう。

弁護士は、法的知識と法的手段の進め方について熟知しており、交渉における主導権の握り方を心得ています。
対等に直接話し合いをしていくには、あなたの方にも同程度の知識と経験が必要となりますが、それは不可能に近いでしょう。

常に相手のペースで話が進み、相手の言う内容が法的にどの程度正しいのかわからないまま、そういうものかと納得して不利な条件で納得してしまうケースも多く見られます。

このように、相手に弁護士がついた場合は、相手も本気で法的手段を考えている可能性が高く、放置しておくとどんどん不利な形で手続が進んでいくことにもなりかねません。

相手に弁護士がついたのであれば、速やかにご相談いただくのが望ましいといえますし、ほぼ全てのケースで、こちらも弁護士を立てたほうが良いと言えるでしょう。

いずれにしても、まずは離婚問題に精通した弁護士にご相談ください。

 

相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい

離婚に関する話し合いは、事柄が親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割、婚姻費用分担など、非常に多岐にわたります。それぞれが複雑な法的問題をはらみ、かつ密接に関連しており、簡単に結論を出せる問題ではありません。

ご自身で離婚協議を進めていこうとすれば、それらに関する知識を身に付け、そのうえで相手方と話し合う機会を何度も持つ必要があり、相当の時間と労力を要します。

しかし、仕事をしている方にとって、これはかなりの負担であり、仕事に支障をきたす危険もあります。

また、協議を急ぐあまり相手方に対して冷静さを欠く発言をしてしまい、余計に話し合いがこじれたり、時間がない中でよくわからないまま結論を出すことになりかねず、非常に残念な結果になってしまうケースもあります。

このような場合は、まさに弁護士を活用していただき、早期の解決を目指すことをお勧めします。

経営者や専門職の方など、仕事で多忙を極めている方の場合、弁護士を代理人に立てることで、離婚協議に費やす労力や時間を大幅に減らし、本業に専念していただくことが可能となります。また、弁護士の専門的かつ客観的な意見を聞きながら方針を決めることができ、効率的に協議を進めることができます。

当事務所では、経営者、医師など専門職の方、多忙なサラリーマンの方などからのご相談も多くお受けしております。まずは一度、ご相談いただくことをお勧めします。