離婚するための別居期間

離婚するための別居期間

別居したら何年で離婚出来るか、 別居しても離婚は出来ません。
相手が合意しないと離婚は出来ないんです。
 
4,5年~5年ぐらいの別居で離婚を認めて貰える場合が有るという事です。
5年以上別居したから離婚出来るなんて事は有りません。 回答は離婚出来ません。
裁判して離婚するしかないんです。
 
○正等な別居理由が無い場合。 (単身赴任、DVから逃れる為、病気治療 等) 貴女は悪意の遺棄に当たり慰謝料を支払います。
 
○婚姻継続中の不貞行為 (反復する行為が必要) 慰謝料を支払う事になります。
 
○一方的な離婚の場合 (相手が離婚に合意しなくても離婚出来る場合がある) 慰謝料を支払って離婚をしてもらう。
 

婚姻破綻後の恋人なら慰謝料も発生しませんが証明が難しい。

●恋人や親は質問者様に近すぎて陳述書を書いて貰っても裁判所は重要には取らない。
 
●正等な別居理由として悪意の遺棄に当たらない様に、 「ギクシャクした夫婦関係修復の冷却期間」 が有りますが、 貴女の不貞行為でこれも使えない。 矛盾した意見として不利になる。
 
●恋人が居るので離婚を迫られてる。 恋人が居たので遺棄された。
これを引っくり返すのは困難だと思います。
 
●不貞行為の有る方がいくら離婚を言っても裁判所は離婚を却下するか、 一方的な離婚として 「相手の出す条件をのめ」 と言われてしまいます。
 
●何度もキスの写真を撮られていたり、 家から出てくる写真やラブホから出てくる写真があれば証拠ですね。
 
社会通念で非難されも仕方ない方が慰謝料を支払います。 離婚しなくても貴女と不貞相手に慰謝料を要求できます。
それに加えて離婚解決金を要求されます。
 
恋人の名前、 住所、 勤務先、 実家、 探偵社によっては恋人の預金金額も既に調べているでしょうね。
 
残念ですが完敗です。 ただ正攻法で完敗なだけです。
非合法な方法もあります。 ばれなければ正攻法ですし、 慰謝料相殺に持って行く事も可能。 こんな事をする業者もあります。
 
別居の理由に彼は関係無いんですが,,,,,,,,,,,,,,,,,なんて状況は既に過ぎています。
 
貴女の恋人が他の女性とキスしてる写真を見たら貴女はどうしますか?
旦那さんも同じ方法で使ってきます。
 
戦略的行動をとりましょう。 戦略的にです。
 

一般的な離婚原因として必要な別居期間は5?10年

(1)離婚が認められる『別居期間』の一般的相場

ここで夫婦のいずれにも大きな破綻の要因はないということを前提にします。
不貞行為,暴力がない,ということです。
 
逆に言えば,夫婦喧嘩はあるけれど,不貞,暴力に未満でおさまっている,ということです。
この場合は,他の出来事,夫婦喧嘩,は離婚原因の判断には基本的には大きく影響しません。
 
別項目;性格の不一致はNGワード,これだけでは離婚できない
残るのは『別居期間』ということになります。
大雑把な平均的な認定基準を示します。
 

一般的な離婚原因となる『別居期間』の相場

5?10年程度
『別居期間』以外の要素もあるが影響は小さい
『別居期間』以外の具体的事情も離婚の判断として影響があります。
ただし,事実認定や評価が難しい→影響は小さい,という傾向があります。
<『破綻』(離婚)判断要素の例(不貞・暴力以外)>
ア 別居・家庭内別居の有無,その期間
イ 会話の有無
ウ 性生活の有無
エ 口論・喧嘩の程度
オ 双方の感情,修復の意思や行動の有無
カ 未成熟子の有無,子らとの関係,子の離婚についての意見
キ 訴訟態度
 
有責配偶者からの離婚請求で必要な別居期間は10?20年
有責配偶者からの離婚請求では,判例上,3つの要件が課されています(上記『2』)。
ここでは,別居期間以外の2つはクリアしている前提とします。
つまり,未成熟子がいない,離婚しても相手方が過酷な状況にならない,という状態です。
有責配偶者から離婚請求に必要とされる別居期間を説明します。
これについては,多くの裁判例の蓄積があります。
離婚が認容されるために必要な別居期間は10年から20年の間が多いです。
近年は短縮化傾向があります。
おおむね10年前後で離婚を認める事例が増えつつあります。