結婚して1年経過した時点で、暴力や暴言の多い夫と別居し、婚姻費用分担調停を申し立てたところ、夫が慰謝料100万円を支払うという内容で調停離婚が成立した事例

解決事例2

結婚して1年経過した時点で、暴力や暴言の多い夫と別居し、婚姻費用分担調停を申し立てたところ、夫が慰謝料100万円を支払うという内容で調停離婚が成立した事例
     

事案内容

離婚

依頼者

20代後半女性 主婦

相手方

夫:会社員

結婚暦

結婚歴1年3ヶ月うち別居期間3ヶ月

子供

1人

 

事案内容

妊娠した直後から夫の暴力や暴言が多くなり、夫に注意した実の父母と夫の中も悪化。生後直後の子どもに対しても粗暴な言動に出るようになったため、別居。婚姻費用請求(場合によって離婚も)の代理人を受任。

 

手続

婚姻費用分担調停。最終段階で離婚調停も申立て。

 

解決内容

婚姻費用分担調停継続中に、夫より協議離婚の申し入れ。調停において離婚条件について協議を続け、子の親権を母親にするとともに、夫が妻に対して慰謝料等として100万円を支払う内容の調停離婚が成立。