夫婦の価値観の違いが原因で結婚直後に夫と別居し、弁護士間交渉の末、夫が解決金150万円を支払う内容で協議離婚が成立した事例

解決事例6

夫婦の価値観の違いが原因で結婚直後に夫と別居し、弁護士間交渉の末、夫が解決金150万円を支払う内容で協議離婚が成立した事例
     

事案内容

離婚

依頼者

20代後半女性 主婦

相手方

夫:公務員

結婚暦

結婚歴10ヶ月 うち別居期間5ヶ月。

子供

1人

 

事案内容

夫婦間の価値観の違いが原因で結婚直後からいざこざがあり、やがて夫から暴言等の精神的虐待を受けるようになったため、子の出生直後から別居。その後、双方の両親を交えた話し合い等も行うが、離婚に向けた協議が進めないため、離婚協議の代理人を受任。

 

手続

協議離婚成立

 

解決内容

夫にも弁護士が代理人としてつき、弁護士間における協議を継続。その結果、夫が妻に解決金150万円や養育費を支払う内容で協議離婚が成立。公正証書も作成。