妻からの法外な請求金額を10分の1以下の金額に抑えて離婚した事例

解決事例17

妻からの法外な請求金額を10分の1以下の金額に抑えて離婚した事例

 

             

事案内容

離婚

依頼者

40代男性

相手方

妻:40代女性

結婚暦

別居期間2年4ヶ月

子供

2人(13歳、11歳)
 

事案の概要

妻が、ご相談者との性格の不一致を理由に子供を連れて実家に戻り別居開始。その後妻から婚姻費用分担調停と離婚調停申し立て。妻は離婚条件として親権、養育費、マンションの頭金の300万円、慰謝料300万円を要求。


解決への流れ

親権を譲ることを条件に、面会交流を確保する、マンションの頭金300万円、慰謝料300万円は拒否するという方針で交渉(法定の離婚原因、慰謝料請求の法的根拠はなし)。
マンションがオーバーローンであり、きっちり財産分与をしようと思えばオーバーローン分の半額を負担してもらわなければならないことなどを説明し、ローンの負担を求めない代わりにマンションの頭金300万円も要求しないという点で一致。
最終的に解決金として50万円を支払うことで合意し、調停成立。