面会交流について揉めた事例

?

 

タイトル 離婚の理由 相談の
きっかけ
依頼者の性別 依頼者
の職業
依頼者
の年齢
相手の
職業
相手の
年齢
子供
夫からの長年の暴力・暴言に苦しんできた妻が、約1000万円の財産分与を得て熟年離婚した事例 夫の暴力、暴言 夫の暴力・暴言に耐えかねて家を出たが、夫からの嫌がらせのような発言、接触が続き、直接の話し合いができない 女性 病院勤務 60代前半 無職 60代後半

ともに収入のある夫婦において、主に養育費や面会交流について交渉を行い、協議離婚が成立した事例

離婚の条件に合意できなかった 女性 専門職 30代前半 専門職 30代前半

離婚後も同居を続けていた元夫との内縁関係を解消するにあたって、協議で、養育費や子との面会交流等の事項を定めた事例

価値観の違い 本人間の協議内容に不満を感じたから 女性 会社員 40代後半 会社員 40代後半

特に子と夫との面会交流の頻度が争われ、子が一定の年齢に達するまで「3ヵ月に1回」→「2ヵ月に1回」と頻度を増やし、子が一定年齢に達した後に、毎月面会を実施するか否かを改めて協議するという内容で調停離婚が成立した事案

夫が結婚後もまともに話をしてくれない 調停を申し立てられた 女性 医師 40代前半 会社員 40代前半

婚姻費用、預貯金、オーバーローンの不動産の財産分与で揉めたモラハラ夫との離婚事例との離婚を成立させた事例

夫のモラハラ 夫と直接話をすると言いくるめられてしまうため 女性 主婦 30代 30代

妻が申し立てた離婚調停において、財産分与の方法について争い、結果として、当初の希望の範囲内の財産分与が定められた離婚調停が成立した事例

性格の不一致? 相手方が弁護士を代理人につけた? 男性 会社員? 40代後半 パート 30代
後半

突然子供を連れて実家に戻り、音信不通となった妻に対し、夫婦関係円満調停を申し立てた結果、夫婦関係は結果的に離婚になったものの、子どもとの面会交流の定期的な実施が実現した事例

妻が子を連れて実家に帰った 音信不通 男性 会社員 30代前半 パート 30代
前半
DVやモラハラの傾向がある夫に対し、調停で離婚した事例 DV、モラハラ 夫のDVが原因で別居し、保護命令が出た時点で来所。離婚調停の代理人として受任 女性 医療補助 30代 公務員 30代

 

関連する記事はこちら