年金分割について揉めた事例

?

 

タイトル 離婚の理由 相談の
きっかけ
依頼者の性別 依頼者
の職業
依頼者
の年齢
相手
の職業
相手
の年齢
子供
夫からの長年の暴力・暴言に苦しんできた妻が、約1000万円の財産分与を得て熟年離婚した事例 夫の暴力、暴言 夫の暴力・暴言に耐えかねて家を出たが、夫からの嫌がらせのような発言、接触が続き、直接の話し合いができない 女性 病院勤務 60代前半 無職 60代後半
不貞をした夫から離婚を切りだされた妻が、オーバーローンの負担を免れ、解決金として夫から500万円を支払わせて離婚した事例 ? 不貞行為 夫の不貞行為の証拠を発見したことから妻が離婚を決意し、今後の進め方について弁護士に相談 女性 パート 50代 会社員 50代

不貞行為を行った夫に対して離婚調停を申し立て、夫が妻に対して財産分与及び慰謝料として700万円を支払う内容の調停離婚が成立した事例

夫の浮気、
夫の飲酒時の暴力・暴言
夫の不貞行為が発覚したから 女性 会社員 40代後半 会社員 40代後半

夫婦間の離婚の話し合いが2年半にわたり進まなかったが、弁護士が妻の代理人になり夫と協議を進めた結果、夫が妻に現金250万円を支払い、保険の契約者名義を妻に変更するという条件で、約2ヵ月で離婚協議がまとまった事案

性格の不一致
夫が離婚を求めた
夫が家を出てから別居が長期間経過したが、話し合いの進展が見られないため 女性 パート 40代前半 会社員 40代前半

妻が離婚後も夫名義の不動産に継続して居住することを希望したため、離婚条件として、①妻と子が離婚後も不動産に居住(妻へ賃貸)、②住宅ローンの負担を妻に求めない、③妻と子が居住中は不動産の名義を第三者に移転しない、などの条件を定め、さらに賃貸借契約書も作成して協議離婚が成立した事案

性格の不一致
夫が離婚を求めた
夫が単身赴任先から帰ってきた際に、突然離婚を求め、家を出ていくことを迫ってきたため 女性 パート 40代後半 40代後半 40代前半
結婚30年(別居2年)の夫と、3ヶ月間の協議の末、財産分与の支払いを受けて離婚した事例 夫の精神的虐待(モラハラ) 夫がこれまでの勤務先を定年退職となり、パート収入のある妻に対し、妻の扶養に入れることを要求。また、下の子が社会人として独立する時期も重なったため、これを機に離婚したいと考え、弁護士に相談。 女性 パート 50代 無職 60代

 

関連する記事はこちら